www.crazygasprice.com

膝を支える軟骨が老化したり、体重負荷が掛かる肥満体質の人は、頻繁に関節の痛みが起こりやすくなります。 また普段から姿勢が悪くO脚気味の人や、成長期に激しい運動経験がある人も、突如の関節痛に気をつけなければなりません。 実は関節自体には神経が通っていないため、関節から直接痛みを引き起こす事はありません。 しかし関節周囲には無数の神経が存在し、少しのダメージや炎症を与えてしまった場合に、関節痛として症状が出ます。 主な関節の病気には、膝の酷使で軟骨がすり減り痛みが生じる変形性膝関節症や、免疫異常によって軟骨を破壊する関節リウマチなどがあります。 また飲酒量の多い男性は、尿酸値の上昇が原因で発生する痛風も起こしやすく、これも関節に痛みが出ます。 関節痛を予防するには、第一に規則正しい栄養バランスの取れた食事メニューと適度なウォーキングを毎日の日課にする事です。 そして、何より膝を痛めがちな正座の姿勢でいる事を減らし、椅子に多く座る習慣を身につけましょう。 更に下半身を冷やさない努力を心がけ、膝の関節を強化する簡単な運動を本やネットで参照して、寝る前や空き時間に実践してみる事をお勧めします。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.crazygasprice.com All Rights Reserved.